山崎壮一建築設計事務所 so1 architect. / 新築デザイン住宅 of 住宅デザイン 建築設計 ここちよいをデザインする、so1 architect. 山崎壮一建築設計事務所

so1 architect. 山崎壮一建築設計事務所は、すごす人にここちよい空間をデザインします。
光と風のうるおい。やわらぎのデザイン空間。

新築デザイン住宅

世田谷の家(東京)

住まう人の気配を程よく感じさせる家作り。

都心に計画した小さな木造3階建ての住宅。敷地面積14坪・建蔽率60%、のため建築面積は8.5坪となる。敷地は幅員4Mの袋小路状道路に接続し、隣り合う家の距離は近い。外部環境への接続をいかにコントロールするか、が主題となった。
南側の接道面に3層にわたる外部吹抜けを挿入した。この吹抜けが外側の世界との接点である。街から少し引きを取る干渉空間であり、一方でここから光と風が入り、空間の広がりを得られる。吹抜けの外側には、日射と視線をコントロールするフィンを設置した。フィンの角度は太陽高度をふまえて決めてあり、夏の日射と見上げの視線をカットし、冬場の光と熱を取り入れる。内部は取り入れた光と風を最大限に活かすように、床をずらし、隙間をあけ、空間の一体性を高めるように断面を決定している。
金属鋼板に包まれた外皮の奥に、光を取り入れて貯める白い空間がある。内部に入ると家具や建具、天井等、身体に近い場所に木の内装が配置されている。茶→白→茶と、中から外へレイヤー状に空間を重ねることで、空間に奥行きを生み出した。
道路に開かれた開口部からは、内部を覗き見られることはないが、夕暮れ時を迎えるとフィンの隙間から光と影の動きが漏れる。密集地であればこそ、住まう人の気配を程よく感じさせることは生き生きとした街をつくる上で大切な要素だと考える。
【”TANITA GALVAコンテスト”最優秀賞 受賞】



house_in_tsurumaki_A01.jpg


house_in_tsurumaki_D017.jpg house_in_tsurumaki_D031.jpg house_in_tsurumaki_D014.jpg

house_in_tsurumaki_D019.jpg house_in_tsurumaki_D029.jpg house_in_tsurumaki_D004.jpg

クリックすると拡大します。

S Residence(兵庫)


恵まれた眺望を活かす、開放的な 空間。


斜面地に計画したRC+S造の住宅。恵まれた眺望を活かすこと、庭と一体となった開放的な空間をつくることが望まれた。そこで高低差を利用して、道路から一段高い基壇を設け、その上にフラットに広がる芝庭と主要な生活空間を配置した。庭を取り囲むように2つのヴォリュームを組み合わせ、そこに生まれたL字型平面にフォーマルリビング、ダイニング、キッチン、ファミリーリビングを設けている。これらはひとつながりの空間であるが、フロアレベルに細やかな高低差を設けることで、パブリックからプライベートへ、少しずつ空間の親密さが変わるように配慮した。家族のためのプライベートルームは、2階に浮かべたヴォリュームの中におさめてあり、眼下に広がる眺望を楽しむことができる。



2013K127.008.jpg

2013K127.002.jpg 2013K127.012.jpg 2013K127.016.jpg 2013K127.021.jpg 2013K127.024.jpg 2013K127.028.jpg

クリックすると拡大します。

house_in_komaba_D27.jpg

house_in_komaba_D01.jpghouse_in_komaba_D16.jpghouse_in_komaba_D35.jpghouse_in_komaba_D29.jpghouse_in_komaba_D47.jpghouse_in_komaba_D42.jpg

クリックすると拡大します。


駒場の家(東京:目黒区)


五角形の敷地を活用した広がりある空間。


都内の市街地に計画した木造3階建ての住宅。敷地はT字交差点にある。前面道路は交通量がやや多いものの南面・西面には緑豊かな公園があった。まず五角形の敷地形状にそって廻した外壁と、法規制・周辺とのバランスから導き出した屋根により、最大限に空間を囲い込んだ。このヴォリュームに対して、緑が見える方向にだけ開口を穿ち、さらにこの開口に絡めて外部吹抜けやバルコニーを設け、ヴォリュームの中に空隙を挿入した。これにより、外から見ると開口量が少ない印象だが、内部空間には十分な光が届き、風が流れ、広がりが生まれている。また周辺環境から適度な引きがとれ、中と外のゆるやかな接続が可能となった。

2011Y99.009.jpg

2011Y99.007.jpg2011Y99.015.jpg2011Y99.016.jpg2011Y99.012.jpg2011Y99.002.jpg

クリックすると拡大します。


H Residence(東京)


隣り合う空間の、ほどよい関係。


閑静な住宅地に計画したRC造2階建ての住宅。プライバシーの確保と開放性が求められた。そこで縦長のヴォリュームを敷地中央におき、南北両面に庭をとることで、生活空間を緑豊かな緩衝空間で取り囲む配置とした。中央のヴォリュームはプログラムにあわせて4つのブロックに分節し、それらを少しだけずらしながら繋いでいる。これにより外部に表れるヴォリュームは程よく分節され、庭に変化がうまれる。また内部には視線や風の抜け道が生まれるとともに、空間に適度なたまりができた。エントランス・リビング・ダイニング・キッチン、各部屋からはそれぞれの空間の特性に合わせた庭を楽しむことができる。重厚感ある本実のRC壁・豊かな緑に囲われ、外との繋がりをもちながらも落ち着きのある住宅となった。

27_MG_4848.jpg

25_MG_4860.jpg 22_MG_4797.jpg 08_MG_5108.jpg 05_MG_5095.jpg 21_MG_5158.jpg

クリックすると拡大します。


桜上水の家(東京:杉並区)


屋根を肥大化させてうみだした3層目の空間。


都心の密集市街地に計画した木造の2世帯住宅。
既存の2階建て住宅は、敷地一杯に建っていたため、玄関まで暗くて狭い隙間を通ってアプローチしなければならず、また光の届きにくい暗い部屋もいくつかあった。建て替えに際しては、平面をコンパクトにまとめ3階建てとし、隣地からできるだけ"引き"(1.2M~1.8M)がとれるように計画した。
しかし、3階建てのヴォリュームは、周辺の建物との関係を見ると似つかわしくない。そこで庇のラインを2階建てのレベルにキープしたまま、屋根を肥大化させることで、3層目の空間を生み出す計画とした。これにより、外部からは一見2階建てのようだけど、実は3階建てという住宅がうまれた。
建物の四周に十分な隙間をとった上で、トップライト・庇裏の窓・小さなバルコニーなど、いろいろな開口部を設けたことで、1~3階のどの部屋にも明るく風の通る快適な住宅となった。

DSC_0097-2.jpg

DSC_0091-2.jpgDSC_0072.jpgDSC_0112.jpg
DSC_0117.jpgDSC_0011.jpg

クリックすると拡大します。

練馬の家(東京:練馬区)


コンパクトながら、空間にふくらみや抑揚を感じられる。

東京都・練馬区。道路沿いの変形敷地に計画した、地下1階・地上2階建ての鉄骨造の住宅。主要な生活空間を、明るく風通しの良い2階に設け、下階に浴室や個室等、小さな部屋を配置した。
建物は、単純でコンパクトなヴォリュームを敷地の奥面に配置し、その周りを台形状の敷地に沿わせた木製ルーバーが取り囲む構成となっている。鉄骨造の特性を活かして横長にきった窓からは、プライバシーを守りながら空間のふくらみを感じさせる木ルーバーが見え、生活空間を豊かにしている。
2階の内部空間は縦に長い1室空間となっているが、斜線制限とプログラムによって生まれた床の段差と勾配天井が空間に抑揚をつくり、人の居場所となる拠り所をつくっている。



01-外観夜景-正面-01.jpg

02-2階階段室→居間.jpg12-B1階階段室斜め.jpg10-浴室-01.jpg
13-B1階寝室→子供室足元-01.jpg11-らせん階段見下し-01-01.jpg09-子供室1-01.jpg

クリックすると拡大します。

4−コハウス(東京:板橋区)


4つのコの字。四季、そして1日の光と風のうつろい。


都心の市街地に建つ、若い夫婦と子供一人のための住宅。敷地は、約20坪・建ぺい率40%で、建築面積は8坪となる。小さくても魅力のある空間づくりが主題となった。
8坪の半分=8畳間を真ん中に置き、取り囲むように4つのコの字を配置した。コの字の中に階段や収納、子供室や小さな和室、を詰め込む。機能をもった小さな部屋が中の空間を取り囲む構成である。
4つのコの字は耐力壁としても機能していて、構造のバランスがとてもよい。そしてコのすき間が窓である。中の部屋はほどよく囲われながら、4方向に開かれ、小さいながらも心地よい開放感をもつ空間となった。



DSC_0032-01.jpg

DSC_0045-01.jpgDSC_0120-01.jpgDSC_0130-01.jpg
DSC_0151-01.jpgDSC_0060-01.jpgDSC_0106-01.jpg

クリックすると拡大します。


赤塚の家(東京:板橋区)


小さな空間を、緩やかに外へ。


都内・新興住宅地に計画した家族4人のための小さな住宅。この家では、家族の時間、生活動線を優先し、1階に主要な生活空間を、2階に個室を配置した。1階のプランは、木の丸柱の周りに、居間・食堂・プレイルームという小さな空間を寄せ集めたような作りとなっている。家族がそれぞれの場所で好きな事をしながら集まっている、ほどよい距離感の住宅となった。

田の字の家

田の字の家

玄関より階段側-01.jpg中2階から-2-01.jpg玄関より土間-01.jpg外観-5-01.jpg

西立野の家

西立野の家

CIMG0214-01.jpgCIMG0309-01.jpgCIMG0360-01.jpgCIMG0228-01.jpg

ガレージハウス

ガレージハウス

ガレージ-1.jpgバルコニー正面-1200-200-01.jpg居間正面-1200-200-01.jpggaikann.jpg

蕨の家

蕨の家

IMG_0762-01.jpg__IMG_0887-01.jpg__IMG_0894-01.jpg__IMG_0723-01.jpg

所沢の家

所沢の家

居間1-1200-200-01.jpg__予備室1-1200-200-01.jpg__外観5-UP-1200-200-01.jpg__外観2-1200-200-01.jpg

本棚の家

本棚の家

CIMG3667.JPG__CIMG3682.JPG__CIMG3683.JPG__CIMG3693.JPG

市川の家

市川の家

07-食堂→居間.jpg__09-階段上.jpg__14-窓際収納.jpg__04-外観4.jpg

八幡木の家

八幡木の家

04-居間-01.jpg__06-吹き抜け-01.jpg__02-テーブル風景-01.jpg__01-外観-01.jpg

磯子台の家

磯子台の家

林邸-リビング.01.jpg__林邸-テラス.03.2.jpg__林邸-外観.01.jpg__林邸-夜景 新建築.jpg
works of soichi yamasaki in Yaita & associates

※ 紹介している建築物は、建築家:山崎壮一が矢板建築設計研究所、ますいいリビングカンパニー所属時のものが含まれます。あらかじめご了承ください。